栗粉餅、かしわ餅、ずんだ餅、どれも美味しいねTop >  ずんだ餅 >  宮城県の有名なずんだ餅も美味しいね

スポンサードリンク

宮城県の有名なずんだ餅も美味しいね

ずんだ餅は、ずんだ餅の他にもじんだん団子、ずんだん餅、ぬだ団子などとも呼ばれるそうです。
製造方法は、枝豆を茹でて、薄皮を潰し、砂糖を混ぜてできたずんだを餅にまぶして作ります。
餅と共に餡も水分を多く含むため長くはおけない為、餡が乾いてしまうので餅も固くなって風味が落ちてしまいます。
固くなってしまった場合などは、電子レンジで温めると柔らかくなりますが、長く加熱し過ぎると溶けてしまう為、注意して温めて下さいね。
豆は夏に収穫されるもので、ずんだ餅は夏の季節料理や特にお供えとして認識されている面もあります。
綺麗な緑色は、ずんだ餅を食する地域では風物詩だとも言われています。
最近ではあずき餡の代わりにずんだを用いた贈答用の菓子が開発され、和菓子だけに留まらず洋菓子にもずんだを用いた試みが行われています。

宮城県外にも、羽田空港や大丸などにもずんだを販売しているコーナーがあって、全国でも買えるようになってきています。


関連エントリー

栗粉餅、かしわ餅、ずんだ餅、どれも美味しいねTop >  ずんだ餅 >  宮城県の有名なずんだ餅も美味しいね